<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

○○そうな人バトン

▽いつも笑ってそうな人
  やっぱり,く~さんw
  オフ会であの笑顔を見ちゃうとねw

▽すぐ怒りそうな人
  やっぱり,羅残さんw
  Gvでの沸点の低さといったら,他の追随を許さない・・・w

▽すぐ泣きそうな人
  朝比奈みくる・・・(汗)
  だって,ROの知り合いにはいないぞ・・・。

▽感情を殺しそうな人
  ウルさん
  感情を殺してるというか,達観・諦観している・・・?

▽恋人を甘やかしそうな人
  涼音さん,CROWさん,く~さん,ニルギリw
  年齢的な(ぁ)余裕でしょう・・・w
  (私は,「恋人」は甘やかしますよ♪ 「妻」は甘やかしませんがw)

▽恋人に甘えそうな人
  キアちゃんw
  甘え「そう」じゃなくて,甘え「てる」人だなw
  「ツンデレ」とうより,むしろ「デレデレ」?w

▽恋人を甘やかさなそう
  ポポさんw
  サムスさんに対する態度は,ねぇ・・・。

▽恋人に甘えなさそう
  CROWさん,羅残さんw
  甘やかしても,甘えるキャラじゃないよね・・・?

▽親を最優先にしそう
  ウルさん・・・?
  堅いから,その辺も堅そうw

▽恋人を最優先にしそうな人
  キアちゃんw
  自覚症状あり・・・w

▽友人を最優先にしそうな人
  チコリー&ガゼさん
  お互い限定w

▽理数系が得意そうな人
  く~さん,ガゼさん,アンリ

▽文系得意そうな人
  サムスさん,CROWさん

▽保健体育が得意そうな人
  キアちゃんw
  やっぱり,人生経験って重要だよねぇ~w

▽脳内の半分以上がエロで出来てそうな人
  キアちゃん,ヴィルさん,ベールさん,チコリー,ガゼさん,その他多数w
  私の暴走モードの引き金であり,加速装置w

▽脳内の半分以下しかエロがなさそうな人
  ウルさん
  私(たち)の暴走モードを止めに入るのは,ウルさんくらいですw

▽とりあえず会ったら試食しちゃいそうな人
  ニルギリ・・・。
  「(女性の入浴を)覗かないのは女性に失礼ってものよぉ」
  (いや,ジョークですよ? 出典:TRPG『熱血専用!』)

▽異性が苦手そうな人
  ベールさん,ウルさん,DEEP弟くん,月さん
  苦手というか,年齢の差・・・?

▽誰よりも恋人に愛を捧げそうな人
  く~さん,CROWさんw

▽色んな人から愛されそう
  キアちゃん,チコリーw
  みんなのオモチャw

▽このバトンを受け取ってくれそうな人
  アンリ,サムスさん,DEEP兄さん,梅猫さん,狐さん

▽このバトンを書いて欲しい人
  涼音さん,羅残さん,月さん,ウルさん


MFやチャッキ~にお邪魔して,チャットで絡んでみたいなぁ・・・w
[PR]
by nilgirik | 2006-10-25 21:58 | その他

『スケバン刑事』,『フラガール』

『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』

 和田慎二の漫画『スケバン刑事』が原作。
 大ヒット80年代アイドルドラマの映画化です。

 松浦亜弥が4代目スケバン刑事「麻宮サキ」を襲名。
 (初代・斉藤由貴,2代目・南野陽子,3代目・浅香唯)
 敵役が石川梨華で,三好絵梨香と岡田唯もクラスメイトで助演。
 (石川・三好・岡田の3人は,ハロプロで,ユニット「美勇伝」)

 監督は,『バトル・ロワイアルII 』の撮影中に入院してしまった,
 父親の深作欣二の代役で,なりゆきデビューしてしまった深作健太・・・。
 
 出演が,松浦亜弥だけなら,「アイドル映画」だったと思いますが,
 松浦亜弥に加えて美勇伝の3人が参加したことで,
 「アイドル映画」ではなく,楽しい「学園祭映画」になりましたw
 (一応,褒めてます・・・。たぶん・・・。)

 4代目の麻宮サキは,初代の麻宮サキの娘という設定で,
 初代役の斉藤由貴が特別出演しています。
 暗闇警視は,初代から引き続き,長門裕之♪

 ちなみに,「スケバン刑事」は,「麻宮サキ」以外にも何人かいます。


『フラガール』

 昭和40年代,石炭から石油へのエネルギー転換の波が押し寄せ,
 本州最大の炭鉱・常磐炭鉱でも大幅な人員削減が迫っていた。
 そんな炭鉱を救うため,東北に「ハワイ」を作り上げるという起死回生の
 一大プロジェクトが持ち上がった・・・。

 「常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)」開館の際の
 実話をもとにした映画。

 スタッフロール的には,主役はフラのダンス教師である松雪泰子。
 でも,ストーリーの主役は,フラのメインダンサーの蒼井優です。

 蒼井優は,『ハチミツとクローバー』では,
 ニッコリ笑った顔がかわいかったものの,
 ともすれば,ニッコリしてるだけで,セリフもあまりありませんでしたが,
 今回は,ストーリーの主役として,表情豊かに泣き笑いしています♪
 また,ソロダンスシーンも見事です♪

 富司純子,岸辺一徳,高橋克実などが渋い演技をしています。
 南海キャンディーズのしずちゃんも,意外にも(?)いい演技をしてます。

 努力・根性・友情の「熱血スポ根」的な分かりやすいストーリーで,
 圧巻・華麗なダンスシーンなど,見所も沢山あり,
 最近見た映画の中では,一番お勧めです!
[PR]
by nilgirik | 2006-10-15 11:12 | 映画

『日本以外全部沈没』,『パビリオン山椒魚』,『ストロベリーショートケイクス』,『夜のピクニック』

『日本以外全部沈没』

 筒井康隆が,小松左京の小説『日本沈没』をパロッた小説が原作。

 日本(とヒマラヤ山脈の山頂部)以外の土地が全部沈没し,
 辛くも脱出できた人々が,世界中から日本に押し寄せ,
 食料不足・物価高騰・外国人犯罪の多発などで治安が悪化し,
 日本人は特権階級として,外国人労働者を搾取する。そして・・・。

 筒井康隆の原作らしく,
 中韓首脳が日本の総理大臣におべっかを使う描写など,
 ブラックコメディ満載です。

 ジャニタレ・草(ピー)が主演の原作リメイク映画『日本沈没せず』よりも,
 よっぽど面白いです。


『パビリオン山椒魚』

 オダギリジョー主演のカルト映画。
 出演者も渋い実力派が多いです。

 前半の怪しい雰囲気と,後半のはっちゃけ。
 上手く融合させられれば,面白い映画になったかもしれません。


『ストロベリーショートケイクス』 (R-15)

 魚喃キリコの漫画が原作。
 4人の女性の仕事や恋愛に悩む様をリアルに描いたオムニバス映画。
 20代の女性には,共感するところの多い映画だとか。

 言葉で説明するのは難しいけど,安野モヨコや内田春菊にも共通する,
 痛々しさ,せつなさ,いとおしさ,・・・。
 いろいろ入り混じった,なんともいえない気分を湧き起こさせます。
 見れば見るほど味わいが出てくる(と思われる)映画です。


『夜のピクニック』

 第2回本屋大賞を受賞した恩田陸の小説の映画化。

 24時間かけて80キロを歩く伝統行事「歩行祭」。
 その歩行祭の中で繰り広げられる,ほろ苦くも甘酸っぱい青春模様・・・。

 原作を読んでいましたが,原作のイメージを外すことなく,
 原作のイメージそのままに作られています。

 「みんなで夜歩く。
  ただそれだけなのに,そうしてこんなに特別なんだろう」
[PR]
by nilgirik | 2006-10-08 15:46 | 映画

大人買い

コンビニのレジ前にあったので,つい買ってしまいました・・・
f0067816_23355936.jpg


中身
[PR]
by nilgirik | 2006-10-02 23:44 | その他